スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

寄り添って

アーシュラ・K・ル=グウィン
「いまファンタジーにできること」
20120226n6.jpg
原題「Cheek By Jowl」

SF、ファンタジー作家であるル=グウィンのエッセイや講演を纏めた本で、
「一級のファンタジーは一級の導きを提供する」(本文抜粋)ことを
様々なファンタジー小説を例にとって案内しています。

ところで、この本は動物物語を多くとり上げており、
動物を幼稚なものと扱い、動物だから許されるとでも思ったのか、
人間社会の悪しき風習をそのまま動物たちに押し付けている小説、
人間を特別な存在にするために動物たちを利用する小説を、
ル=グウィンは辛辣に批判しています。

かの名作、ジャック・ロンドンの「白い牙」をも、
冷酷と愛が胸を刺す物語と高評価しながら、
主人公(犬)にとって人間は神だと記したロンドンのそれは
人間が自惚れすぎであり、「生物種的偏見」だと指摘している。

おそらく動物好きの本好きであれば大抵は引っ掛かるであろう
「この本はとても面白いのだけれど、ちょっともやっとする」部分を、
晒してスカッと晴らしてくれています。


また、ル=グウィンは人間のコミュニティと動物たちの世界が
隣人関係であった過去を語り、

現在の人間というひとつの種しかいない社会の中では、
ペットは「他者たち」の世界への重要なリンクだと位置付けています。

だからでしょうか、人がペットに手を伸ばす時、
その身に纏う空気がするりと変わるように感じるのは。

まるでベターハーフを求めるに似た仕種は、
彼らと寄り添って生きた世界へ帰還した証なのでしょうか。


20120226n1.jpg

放鳥中、竜胆を腕に乗せたまま30分程うたた寝をしてしまい、
はっと起きてみれば、竜胆が寝る前と同じ位置にスタンバイしていました。

小声でピヨと、起きた?とでも言うように鳴く竜胆に、
寄り添ってくれてたのねと、気持ちがほっこりしました。


時折、あやしい寄り添い方をする竜胆ですが。

20120226n2.jpg
私のベターハーフを自負するピピンさんはエロリンにも余裕です。


20120226n3.jpg


20120226n4.jpg
お眠むのピピンさんと、足掛けを頑張るエロリン。


20120226n5.jpg




ル=グウィンは手厳しい了見の持ち主ですが、
飛び抜けたユーモアで笑わせてもくれます。

この本では小説家らしく、原作を踏まえない映画(アニメ)化を
ユーモラスに嘆いていました。

はなはだしく誤って伝えられ、センチメンタルなものにされ、
質を劣化させられているものは、たぶん『バンビ』だろう。
『バンビ』というタイトルを読んで、
眼球の肥大したキュートなスカンクたちが目に浮かぶ人がいたら、
ディズニー病にかかっている。




スポンサーサイト

2012.02.26 | コメント(6) | トラックバック(0) | ピピンと本

«  | ホーム |  »

プロフィール

暁さゆり

Author:暁さゆり
女性
愛媛県在住
動物が大好きで、鳥を偏愛
増える記憶の整理整頓ブログ
bonnebonne work

・ピピセルムル情報pipins

・竜胆[リンドウ]情報
サザナミインコ(コバルト)の男の子
2009年9月23日辺り生まれ
「ぴーちゃんハウス」からお迎え
軌跡は竜胆日記からどうぞ


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

ブロとも一覧


きなこ建設 業務日誌

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。